上棟と餅まき【北堀町 O様邸】

【2018.03.17】

昨日は雨の中の前起しでした。

 

本日はいよいよ上棟です!

昨日までとはうってかわって晴天なり☀

まずはこんな狭いとこ、よう入ったな~ ってみんなで感心(*´з`)

四隅にお清めと挨拶で現場はスタートとなりました。

あれよあれよ

と、柱・梁が組まれていきます。

いつ見ても爽快です。

途中、ひこうき雲がきれいに撮れました(^^)/

込栓(こみせん)を打ち込んでいきます。

いわば、木の釘でしょか。

最近では、プレカットが多く用いられるようになってきてみる機会はなかなかないのかなぁと思います。

複雑すぎて機械ではできない、より高度で強度のある継手を作れるのが、手刻みの最大の特徴です。

継手を組み合わせた後に、この「込栓(こみせん)」と呼ばれる木の栓を叩き込むことで、

継手の強度はさらに増します。

昔からの知恵と技術が結集されたこの伝統的な工法には、熟練した大工の技術が不可欠なんですね~。

お昼休み、
O様、お寿司とってもおいしかったです。ありがとうございました🐟
午後も張り切っていきましょ。
2階のリビングからは、松江城の天守閣がきれに見えます。
夜はライトアップされててとても幻想的です☆
ご主人が棟木をたたいて納められました。ヨイヨイ~
ほんとに仲が良いご家族です。
打合せはいつも楽しいです(^^♪

だいぶカタチになってきましたね~
今まで平面上で考えてきた建物が、
実際カタチになっていく様子は見飽きません。。カッコイイです。

夕方には、上棟式を行いました。

下では、餅まきを楽しみにご近所の方たちがぞくぞくと集まり、
今か今かと待ってます。
みなさん、いいですかぁ~、いきますよぉー
ホ~レ、ホ~レ。。
こっちにもホ~レ、ホ~レ、ホ~レ。。
もいっちょ、ホ~レ、ホ~レ、ホ~レ、ホ~レ、ホ~レ、ホ~レ。。
本日は上棟、おめでとうございます!

O様と出会い、間取りの計画を始めてから、時間をかけながら
ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら、O様ご家族の想いのこもった間取りがカタチになりました。

今後ともよろしくお願いしますね(‘◇’)ゞ