大工工事③【上本庄町 A様邸】

【2017.08.25】

断熱材の施工が終わりました。断熱材はセルロースファイバーです。施工の資格を持った職人さんが機械で吹込みます。配管や、敗戦の隙間にも均一に入るため、断面欠損が生じません。調湿作用を持っていて、内装材の珪藻土との相性も良く、20年の無結露保証があります。外周に面した屋根、外壁全体をくるんでいます。また、防音性が高いので、隣室の音が聞こえにくくしたい間仕切りにも施工しています。ダイニングの梁と天井の断熱材です。梁を部分的に見せる仕様にしています。ガラス瓦が入って、天井から光が通路に入るようになりました。最終的には天井に障子が入るので、瓦は見えなくなります。玄関の格天井の施工が終わりました。時間が経つほどに木目が際立って見えてきます。本物の素材の持つ美しさがわかります。(2017.8.24 謙)