大工工事②【上本庄町 A様邸】

【2017.08.12】

平板瓦を3か所ガラス瓦に入れ替えました。外壁はまだ半分の進行状態です。外壁が完了したところで、㈱日本住宅保証検査機構(JIO)で防水の検査を受けます。第三者の目を通すことによって、品質の向上を目指しています。断熱材はセルロースファイバーですが、完了時に同様の検査を受けます。玄関の外観がわかるようになってきました。玄関ホールは、式台の施工が完了しています。ホールは畳を敷く予定です。天井は格天井です。通常は、こちらの裏玄関から入ることになります。表と言っていいような広さです。裏山にあった樅を主寝室の梁として使っています。きれいな材です。同じく屋根を支える小屋束にも使っています。木目がきれいです。もちろん、所有されている山から出した桧や杉は土台や柱、束として使用しています。和室の天井裏の梁です。隠しておくのがもったいないような材料です。子供室から庭がよく見えます。明るくて、落ち着いたいい部屋になると思います。お盆過ぎには、セルロースファイバーの施工を予定しています。(2017.8.12 謙)