珪藻土を使った壁のお手入れ方法を知ろう―お家のお手入れシリーズ―

【2019.05.23】

こんにちは。

島根県松江市や出雲市を中心に注文住宅やリフォームなどを手がけている藤栄工業です。

 

家は大きなお買い物。購入後も定期的にお手入れをし、大切に使うことで、家も長持ちし、修繕費用の節約にもつながります。以前、無垢の床材のお手入れ方法をお伝えしましたが、今回は、珪藻土の壁のお手入れ方法をご紹介します。

 

http://toei-k.co.jp/officialblog/3299/ 

 

 

調湿作用に優れ、天然素材で体にも優しい珪藻土。

ですが、一方では

「家に使いたいけれど、お手入れが大変そう・・・」

と思われがちです。

 

そんな珪藻土の壁が、もし汚れてしまったら。

画材として使われるマジパンを使い、軽く叩いて汚れを取りましょう。

汚れは、こすってしまうと広がってしまったり、削るとキズになってしまうので、よくありません。

 

汚れの他に、珪藻土は必ず縮むということも事前に知っておいていただきたい情報です。

人の歩く振動や、車が道路を通過する振動などで、人が感じない程度に、家は揺れています。珪藻土の縮む性質と、建物の揺れが合わさり、階段近くにある珪藻土などは、亀裂のようなものが入ることがあります。

その亀裂や縮みは、自然素材ならではのもの味わいとして馴染んでいただければと思います。

 

あまりにも広範囲にわたる汚れやキズなどは、最終的には塗り替える必要があります。ですが、壁紙も大きな汚れなどはやはり張り替える必要がありますので、壁紙と比べて、特別珪藻土が扱いづらい、お手入れが大変ということはありません。

 

 

藤栄工業では、白だけでなく、お客様のお好みの色の珪藻土もご用意していますので、お部屋によりオリジナリティを持たせることも可能です。

健康にもよく、お手入れも意外と簡単な珪藻土。とっつきにくいと思われていた方こそ、ぜひその魅力を知っていただきたいなと思います。

 

珪藻土の質感や、年数を重ねた状態などは、藤栄工業のしあわせギャラリーでご確認いただけます!ぜひ足をお運びくださいね。