藤栄工業も協賛しているホーランエンヤを見に行こう

【2019.05.07】

こんにちは。

島根県松江市や出雲市を中心に注文住宅やリフォームなどを手がけている藤栄工業です。

 

10年に一度、松江市の街がいつもとは違う熱気で包まれる、松江城山稲荷神社式年神幸祭(通称ホーランエンヤ)。

9日間に渡り開催され、県内はもとより、県外からも多くの観光客が訪れます。

 

松江市の皆さまと共にある藤栄工業でも、お祭りを盛り上げるべく、今回も微力ながらホーランエンヤに協賛させていただくことになりました。

ホーランエンヤの始まりは、天候不順で凶作が予想された1648年にまでさかのぼります。
当時の藩主松平直政公が、松江城内に祀られた城山稲荷神社の御神霊を、阿太加夜神社までお運びし、五穀豊穣を祈願されたことが起源とされています。

 

現在は、五穀豊穣と共に、人々の幸せを祈願する祭りへと変化し、ホーランエンヤの愛称の由来ともなった「ホーオオエンヤ ホーランエーエ ヨヤサノサ エーララノランラ」の舟歌で祭りは最高潮に盛り上がります

 

10年に一度ということもあり、私たちスタッフもぜひ見に行きたいと今から楽しみにしています。
ホーランエンヤは、松江市だけでなく多くの皆さまにぜひ見ていただきたい、島根が誇る伝統的な祭りの一つ。
9日間の期間中、ぜひ一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。