藤栄工業の化粧梁はココが違うんです!

【2019.04.04】

こんにちは。

島根県松江市や出雲市を中心に注文住宅やリフォームなどを手がけている藤栄工業です。

 

皆さまは「化粧梁」をご存知でしょうか。

 

化粧梁はお家の天井に、構造材として使っている木を見せる施工のことです。藤栄工業では、丸太の梁材を化粧梁として見せる施工も行っています。

 

まず、梁とは家の柱の上に水平に置いて、屋根など上からの負荷を支える建材のことです。

通常は見えないものですが、お部屋にアクセントや木のぬくもりを与えるために、あえて天井に見えるように取り付けられたのが「化粧梁」です。

 

化粧梁用に加工された木材を天井に取り付ける場合もありますが、藤栄工業では一般的には珍しい、構造材として使っている木を化粧梁として見せる施工も行っています。

そうすることで天井が高くなり、お部屋に開放感をもたらしてくれます。

 

 

 

角材に加工された木ではなく、自然の木の素直な形を活かした化粧梁は、造るのがとても難しいんです。少し太鼓型(アーチ状)になった木は、耐久性が上がり、地震などの災害にも強くなります。

そのような木材を育て、見栄えのよい加工をする。そこに、手きざみなどの大工の技術がプラスされて、やっと自然の木の形を活かした化粧梁が完成します。

 

化粧梁は、お客様からのご要望に応じて施工することもありますが、私たちから「より木の温もりを感じていただく」ためにご提案させていただくことも。

 

自然の形を利用した化粧梁は、つぎ手の部分も含め、お客様に見ていただきたい自信作です。このような施工は、木の特性を知る藤栄工業の技術力があるからこそ。

一歩上をいく、木本来の温もりを感じるお家づくりは、当社にお任せください♪