大工さんが技術を競う!「技能グランプリ」

【2018.09.13】

こんにちは。
島根県松江市や出雲市を中心に注文住宅やリフォームなどを手がけている藤栄工業です。

当社では、大工さんが伝統技術を継承することに力を入れています。
その大工さん達が、日頃から磨いた腕を競う大会があることをご存知でしょうか。

技能グランプリ」という全国の大工さんや技術者さん達が競う大会は、毎年中央職業能力開発協会によって開催されています。

島根県からも大工さんや職人さんが多数出場しているのですが、もちろん!
当社が建築を依頼している大工さんも「建築大工」部門で参加しています♪

しかも、県大会トップの成績で、全国大会に出場しているんです
成績が仕事をするわけではありませんが、昔は大工さんなら誰しもが出来た技術が、現在では出来なくなってきています。また、技術だけではなく、木の特性や癖などの知識を次の世代に伝える、若い世代が学ぶといった意味でも、このような大会に参加し、活躍することは重要だと考えています

 

こうして得た技術・知識・経験は、藤栄工業の家づくりに生かされています。
昔、大工さんによって手作りされた古民家や屋敷は、100年以上経った今でも、松江城下を中心に現存するように、木の特徴をつかみ、確かな技術で作られた木のお家は、一般的な木造住宅より長持ちすると言われています。